ワキガと加齢臭の違い

加齢臭が発生する年代になると、ワキガの臭いも強くなってくるものです。
両者はいずれも体臭の一部ですが、臭いの発生要因は異なっています。
ワキガはアポクリン汗腺から発生する汗と雑菌が反応することで生じる臭いなのです。
通常の汗はサラサラしていますが、アポクリン汗腺から発生する汗はベトベトしているのが特徴です。
色も黄色いので衣服のワキの部分を染めてしまいます。
加齢臭は中年以降から発生する臭いのことで、従来の体臭と区別して呼んでいます。
古本の臭い、ロウソク臭などと称されることもあり、これはノネナールと汗が反応することで生じるものです。
ワキガも加齢臭も発生原因は異なりますが、通常の体臭よりも臭いが強烈なので、より徹底した消臭対策が必要となります。

臭いを抑えるための秘訣は、気になる部位を清潔にすること、そして汗を発生させないことにあります。
この2つを意識すれば、臭いを大幅に抑えることができるのです。
汗、雑菌は単体で発生するだけでは悪臭の原因とはなりにくいのです。
両者が混じり合ってしまうことで、ワキガや加齢臭などの強烈な臭いとなります。

入浴時は身体を清潔にするため、殺菌作用のある石鹸で洗いましょう。
洗浄したあとはデオドラント用品を使用して、殺菌しながら汗を抑えていきます。
ワキは蒸れやすい部位なので、たまにティッシュで汗を拭き取る対策も効果的です。
かいた直後の汗はほとんど臭いがしませんが、そのまま放置しておくとワキガ特有の臭いに変化していきます。